遺産分割協議書作成の前にすべきこと

遺産分割協議書を作成する為にも、遺産分割協議を行う必要があります。
協議期限は特に設けられていないので、好きな時に初めてもらっても構いません。
でも協議はスムーズに進まず時には裁判に持ち越されることもあるので、なるべく早い時期に行う方が望ましいでしょう。
では遺産分割協議はどのように行われるのか、簡単に取り上げます。

まず協議を始める上で重要なことは、相続人の確定です。
相続人となるのは被相続人の血縁関係者であるのは言うまでもありませんが、もしかしたら隠し子がいるかもしれません。
後になって見知らぬ人物が「血の繋がった子供だ」と名乗り出れば、とんでもないことになるのは想像つくでしょう。
ドラマみたいな話はある訳がないと思うかもしれませんが、ドラマみたいな話が本当に起きてしまうのが相続なのです。

そして相続人の確定が終われば、財産目録の作成と遺書の確認を行います。
財産を分けるにしても、どれぐらいの財産が分かっていなければ話になりません。
また遺書があれば遺書に従って協議を進めていきます。

遺言があれば、遺言通りに従うのが大原則です。
しかし「遺産は全部寄付する」と書かれていれば、遺された人に財産が行き渡らず後の生活が困難になるかもしれません。
そこで相続人は遺留分減殺請求を行い、必要最低限の分を引き継ぐという形になります。
ただ遺言書が必ず遺されているとは限らず、また遺されていたとしても具体的な財産分与について書かれていない場合もあります。
この時は相続人同士で協議を行い、財産の分配を決めます。
そして遺産分割協議は相続人全員の合意が必要となりますが、必ずしも全員参加する必要はありません。
相続人1人1人に意見を聞いて回り、承諾を得るという形になっても問題ないでしょう。

そして相続人全員が納得すれば、いよいよ遺産分割協議書の作成へと入ります。
協議書は相続人全員の承諾があって初めて作られるものなので、後々のトラブル防止にもつながるのです。