法定相続について

遺産分割で重要なポイントとなるのが、法定相続分です。
民法では法定相続人に対して、財産分与の割合が決められています。
これが法定相続です。
法定相続人となれる人は子供・直系尊属・配偶者に該当し、上から子供・直系尊属・兄弟姉妹と決められています。
ちなみに配偶者は被相続人と共に財産を築き上げたということで、優先順位はトップになります。
もちろん相続の配偶者控除も受けることができます。

逆に法定相続人から外れる人は、婚姻関係が無い内縁の妻(夫)や離婚した元配偶者、法律違反を犯した者が挙げられます。
内縁の妻(夫)は遺言書に指定があれば相続人となれますが、基本的に法定相続人にはなれません。
また元配偶者も関係が切れているので相続人ではなくなりますが、被相続人の血の繋がりのある子供であれば、相続権はあります。
法律違反を犯した者に関しては、今更語るまでも無いでしょう。
被相続人に対して激しい暴力を振るい取り返しのつかないことをすれば、財産を相続するしない以前の話です。
また孫も相続権は持ちませんが、孫の場合はケース・バイ・ケースになるので、”絶対”という訳ではありません。

法定相続のケースは、100家族いれば100通りです。
でも基本的には配偶者には1/2・子供には1/2といった形で分けられます。
ただし必ず法定相続通りに分けなければならないというのではなく、遺言書を遺しているのならば遺言書通りに分けるのが鉄則です。
法定相続通りに財産を分けるのは、協議で揉めたり裁判へ持ち越されたりした場合です。
万が一トラブルになった時の助け舟としてあるのが、法定相続なのです。

財産は法定相続人が集まって、お互いが納得のいく形で分配するのが一般的です。
もちろん仕事などで忙しい場合は、無理に参加する必要はありません。
そして十分に納得がいけば、遺産分割協議書にまとめます。
ただ協議の参加に強制力はないものの、後のトラブルを考えるならば、協議に参加した方が良いでしょう。
親族同士の問題は、他人よりも深刻になりやすいので要注意です。