遺産分割協議書の作成方法

遺産分割協議がまとまれば、いよいよ遺産分割協議書の作成に入ります。
協議書の作成となると決まった書き方があり、専門家に頼まなければ出来ないものと思っている方もいらっしゃるでしょう。

でも特に決まりは無いので、専門家に頼まずとも作成することは可能です。
しかしほんの少しでも書き方を間違ってしまうと、名義変更などの手続きが出来なくなるので要注意です。
また書き方を間違ってしまったが為に、遺産分割協議書を作り直すとなると余計な手間がかかります。
他の相続人も嫌な思いをしてしまう恐れがあるので、作成するには慎重になる必要があります。
そこで、ミスの無い遺産分割協議書を作成する方法について取り上げます。

まず遺産分割協議書だけに限った話ではありませんが、100人が見て100人とも理解出来るような形に仕上げることです。
どの書類でも内容が分からなければ、書類としての効力を発揮することが出来ません。
しかも遺産分割協議書は銀行や法務局等に提出する書類でもあるので、書かれている内容が読めないとあれば大問題です。
最近はパソコンで作成する方も多いので、協議書が読めないという事態は何とか避けられるかもしれません。
でも全てパソコンで作成するとなると、トラブルが起きてしまう恐れがあります。
トラブル防止の為にも相続人の住所と名前は、手書きで記した方が無難と言えます。

そして遺産分割協議書では、誰にどの財産を分配したのかをハッキリ記します。
例えば土地を相続したのならば、登記事項証書に記載されている通りに正確に書きます。
もちろん土地だけでなく預貯金や債券・株券等、誰に何を相続させたのかを事細かく書くようにして下さい。
一通り書き終われば、相続人全員の署名と実印が必要です。
どんなに丁寧に遺産分割協議書を作成したとしても、相続人の署名と実印が無ければ意味がありません。
遺産分割協議書は1枚あれば十分ですが、念の為に相続人分用意しておくようにして下さい。