遺産分割協議書の使用

遺産分割協議書がまとまれば、いよいよ相続手続きへと移ります。
でも様々な相続財産があるので全ての手続き方法を述べてしまうと、話は終わりません。
そこで遺産分割協議書が必要となる「不動産登記」と「預貯金の相続」について取り上げます。

不動産登記は、被相続人が生前所有していた不動産を相続した人のものにする為の手続きを指します。
不動産名義変更はわざわざ行う必要は無いと思われるかもしれません。
でも不動産を相続したのならば、その不動産は相続した人のものであると第三者にも証明する必要があります。
もし名義変更をさぼってしまったら、いざという時に何も出来なくなるので要注意です。
不動産の名義変更を行うのに必要となるのが、遺産分割協議書です。
他にも様々な書類が必要となるものの、場合によっては専門家に準備してもらえるので手間はあまりかかりません。
でも協議書は、相続人同士で話し合いをして初めて完成するものです。
専門家に頼んだところでどうしようもないので、必ずご自分で準備するようにして下さい。

次に預貯金の手続きです。
こちらも遺産分割協議書の提出が求められます。
相続が発生したと分かると、金融機関は被相続人の預金を凍結させます。
もし勝手に他の相続人が引き落とせば、大きな問題になってしまうからです。
必要書類については、遺書がある場合と無い場合や金融機関によって大きく変わります。
ただ何処の金融機関でも、遺産分割協議書の提出は義務付けられているようです。
でも念の為に預貯金の手続きを行う際には、必ず金融機関まで確認するようにして下さい。

更に相続人同士で争いが起こった時も、遺産分割協議書の存在は欠かせません。
相続の問題は想像以上に根深く簡単に解決出来るものではありませんが、遺産分割協議書があれば問題は早く解決出来る筈です。
また法務局や税務署へ赴く際にも、遺産分割協議書の提出が求められます。
求められたらいつでも提出が出来るように、協議書は大事に保管するようにしましょう。