遺産分割協議書の作成事例

遺産分割協議書はネットを探せば、作成事例は山のように出て来ます。
基本的に事例を参考にして作成すれば、何の問題もありません。
そこで遺産分割協議書を作成するにあたり、押さえておきたいポイントについて取り上げます。

書式は縦書きでも横書きでも構いませんが、トップには「遺産分割協議書」と記します。
トップに「遺産分割協議書」と記しておけば、何の書類かは一目瞭然です。
そして次に被相続人の情報を記入します。
被相続人の名前・最後に住んでいた住所・本籍地を記入します。
被相続人の情報の記入が終われば、「相続人は遺産について協議を行った」ことを記して、どのように遺産を分割したのかを書きます。

例えばA山A子さんという相続人が、土地を相続したとしましょう。
遺産分割協議書では「A山A子さんは次の遺産を取得する」と記した上で、相続した土地の情報を記します。
ただし単に「土地を相続した」だけでは、後で相続手続きを行う際に不都合が起きてしまいます。
必ず登記事項証明書に記載されている通りに、正確に書くようにして下さい。
また建物を相続したなら、建物がある所在地・家屋番号・種類・構造・床面積も正確に記入します。

次に現金を相続した際には、現金の金額を記します。
また被相続人が所有していた預貯金を相続する際には、何処の銀行の何支店の口座で、どういう口座の種類を相続したのかを事細かく書きます。
もちろん口座番号も間違いの無いように、記しておきましょう。
お金だけではなく、車や株式・債権や債務を相続した時も漏れなく記入するようにします。
また何の財産を相続したのか一目で分かるようにしておきます。

そして最後に「相続人全員による協議が成立した」ことを書き記し、相続人のサインと捺印と行きたい所ですが、トラブル防止の為に、協議書に記載の無い遺産が判明した際の対処法について書いておきましょう。
それから相続人のサインと捺印です。
遺産分割協議書は1通だけでも構いませんが、相続人全員分作成した方が後の為にもなります。