遺産分割協議書とは

遺産分割協議書とは、相続人全員の合意書のことを指します。
相続が発生すれば、相続人同士で協議を行いそれぞれに財産を分配します。
しかし口約束で取り決めてしまうと、後で「言った言わない」のトラブルになってしまいかねません。
そこでどういう風に相続人同士で話し合い、財産を分けたのかを形にする為に作成されるのが遺産分割協議書なのです。

遺産分割協議書に堅苦しいルールは特になく、それこそ広告の裏に手書きでシャーペンで書いても一応の問題はありません。
しかし相続人に対してどのように財産を分けたのかが分からなければ、トラブルになるばかりか手続きもままなりません。
遺産分割協議書は、不動産の相続登記や預貯金等の名義変更の手続きを行う時も必要となります。
自由に好きなように作成して頂いても構いませんが、然るべき形式で作成した方が良いかもしれません。

ただ必ず遺産分割協議書を作成しなければならないという訳では無く、不動産登記や名義変更手続きが不要であれば、わざわざ書類に起こす必要もありません。
相続の問題は何かと手間がかかるので、省ける作業があれば省きたいものです。
でも作業を省いてしまったが為に、親族同士で争ってしまったら元も子もありません。
例え名義変更等の手続きをしなかったとしても、誰にどの相続を分け与えたのかをはっきりさせれば、トラブルもある程度は回避出来る筈です。

相続が出ると、やるべきことは山積みです。
相続人全員が集まるのも難しく、遺産協議書の作成が遅れることもあるでしょう。
でも協議を行ったのならば、直ぐにでも協議書を作成した方が良いかもしれません。
協議書を早く作成しなければ、冒頭にも触れたように「言った言わない」のトラブルが起きてしまう恐れがあります。
しかも協議書の作成が遅れているということは、相続財産の処理が十分では無いということに繋がります。
処理が十分に行われていなければ、相続税を余分に支払ってしまうこともあり得るので要注意です。